HOME >悪い姿勢になる原因
悪い姿勢になる原因

なぜ猫背になるのか? 悪い姿勢になる原因

 あなたが悪い姿勢だったとしましょう。そして頑張って姿勢矯正をして、正しい姿勢になったとします。では、それだけで矯正は完全に終ったと言えるのでしょうか。

 実は、これだけでは完全とは言えません。何故かというと、姿勢の悪くなった原因が排除されていないからです。

 どうして悪い姿勢になったのか、その理由を知る事はとても重要です。もし原因がそのままならば、たとえ矯正がうまくいっても元の悪い姿勢にいずれ戻ってしまうかもしれないからです。さらに言えば、矯正をする前から原因が解明していれば、より矯正は効率的にもなるでしょう。

 そこで、ここでは悪い姿勢になる主用な原因を解説していきます。ほとんどの方は、これから紹介する原因に当てはまるものがあるはずです。自分はどうして姿勢が悪くなったのか考えながら読み進めてみて下さい。

- M E N U -

  • 生活習慣による姿勢悪化
     多くの場合、日常の生活習慣の中に姿勢悪化の原因はあります。具体的にどのような習慣が姿勢を悪くするのか、こちらで解説します。
  • スマートフォンの使い方による姿勢悪化
     スマートフォンを使っている時、いつのまにか猫背になっていませんか? 急速な普及により、スマートフォンは姿勢悪化の大きな原因となってきています。ここでは猫背にならないスマートフォンの使い方を中心に、スマートフォンと姿勢との関係を解説します。
  • 胸を張るクセから姿勢悪化
     姿勢を良くしようと意識しすぎて胸を張ると、逆に姿勢が悪くなってしまう場合がある事はご存知ですか? ここでは何故胸を張る事が姿勢を悪くする事につながるのかを含め、胸を張る姿勢の問題点を解説しています。
  • 心理的なストレスによる姿勢悪化
     心理学の世界では、姿勢は心理状態を写す鏡だと昔から考えられていました。実際、心理的なストレスは姿勢に大きな影響を及ぼしています。ここではその仕組みを詳しく解説しています。


  Category