突き出たお尻「でっちり」の改善。骨盤の位置を正す方法とは

姿勢矯正
tora

はい、質問のお手紙が届いています。

mike

はいはい。

???

 私はダンスを趣味としていますが、ダンスの先生にいつも「骨盤を真っすぐにしなさい」と注意されます。しかし、言われた通りにしようとしても、うまく骨盤を動かせません。骨盤の上手な動かし方のようなものがあるのでしょうか。又、そもそも骨盤はどのような状態が正常なのでしょうか。

tora

正しい骨盤の位置についての質問です。確かにお尻が突き出たような姿勢をしている人がたまにいるね。

mike

お尻が目立つ、いわゆる「でっちり」といわれる状態は、大抵の場合骨盤が前に傾いた事が原因です。
そうなる原因の多くは、実は骨盤そのものではなく姿勢にある場合がほとんどなのです。

目 次

お尻が目立つ原因は骨盤が前に傾いているから

 からだの中でも骨盤は注目を集めやすい部位です。中でも「骨盤のゆがみ」は有名で、多くの書籍も出ています。これだけ注目される理由は、骨盤の状態が健康だけでなく美容やプロポーションにも大きく影響するからでしょう。

 「ゆがむ」と言われているぐらいですから、骨盤は複雑な動きをすると思われるかもしれません。確かに無意識な動きも含めれば複雑ですが、意識的にできる動きとしては「前に傾く」、「後ろに傾く」の二通りしかありません。

骨盤の傾きによる姿勢変化

 上図は、骨盤の二つの動きを模式的に示したものです。左図は「後ろに傾く」動き、右図は「前に傾く」動きを示しています。

 図からもわかる通り、お尻が目立つようになるのは、骨盤が前に傾いた時です。逆に骨盤が後ろに傾くと、お尻は目立たなる事もわかります。つまり「骨盤を真っすぐにする」とは、「骨盤を後ろに傾ける」事なのです。

 しかし、もしあなたが悪い姿勢であるならば、それは簡単な事ではありません。

 なぜならそもそも骨盤が前に傾いた原因は、悪い姿勢にある可能性が高いからです。

 ではなぜ、悪い姿勢になると骨盤が前に傾いてしまうのか、次はそれを解説しましょう。

骨盤が前に傾いてしまうのは猫背が原因

 どのような悪い姿勢になっても骨盤は前に傾きますが、特にそうなりやすいのが猫背姿勢です。その理由を簡単に解説しましょう。

背中が丸まると反り腰になる
背中が丸まると骨盤は前に傾く

 上図は猫背から骨盤が前に傾く過程を模式的に示した図です。図中の赤い垂直線はからだの重心位置を示しています。

 図左が猫背姿勢です。背中が丸く変形した事で頭が前に突き出ている事がわかります。このように頭が前に出ると、頭の重さの分だけ重心が前方方向にずれてしまいます。

 そこで重心を安定させる為に、自然にからだは図右のように骨盤を前に傾かせて重心を安定させるのです。ですから猫背がひどくなるほど骨盤も前に傾いて、お尻も目立つようになるわけです。

腹筋が弱まっても骨盤は前傾する。

 骨盤が前に傾く原因は悪い姿勢以外にもあります。その中でも目立って多いのが「腹筋の弱まり」によるものです。特に日常的に座っている時間の長い方は注意が必要です。なぜなら座り姿勢でいる時は体幹部の筋肉がほとんど働いていない為に腹筋が弱くなりやすいからです。

 ではなぜ腹筋が弱まると骨盤が前に傾いてしまうのでしょうか。

 体幹を支えているのは腹筋を中心とした筋肉です。ですから腹筋が弱まると体幹を支えきれずに骨盤が前に傾いてしまうのです。

 このようにして骨盤が前に傾くと、それに連動して猫背にもなってしまいます。

上半身のバランスを安定させる為に猫背に
骨盤の前傾から猫背になる

 上図は骨盤の前傾から猫背になる仕組みを図解したものです。図左のように骨盤が前傾すると全身は反り返った状態になります。すると重心は背中側に移動するだけでなく、目線は天井方向に向いて不自然な状態になってしまいます。

 そこで先ほど紹介した「猫背から骨盤の前傾」とは逆の過程、つまり猫背になる事でからだを安定させるのです(図右)。

 このように、骨盤の変形と姿勢は相互依存の関係にあります。骨盤が動けば姿勢は変化し、その逆に姿勢が変化すれば骨盤も動くのです。

骨盤を位置を正常にする方法。

 さて、ここまでの解説で、骨盤を正しい位置に戻すには少なくとも二つの方法がある事が想像できると思います。

 それは「骨盤を直接動かす方法」と、根本の原因から改善する「姿勢を矯正する方法」です。

 両者を比較すると遠回りで面倒な「姿勢を矯正する方法」より、単純明快な「骨盤を直接動かす方法」の方が良いと思われるかもしれません。実際、そのようにお勧めする書籍も沢山ありますし、その為のトレーニング法も多数知られています。

 しかし、私自身は「姿勢を矯正する方法」をお勧めしています。その理由は大きく2つあります。

姿勢矯正をすれば自然に骨盤は正しい位置戻る。

 「骨盤を直接動かす方法」では、骨盤の位置をつねに意識していないとすぐに元の状態に戻ってしまいます。

 一方「姿勢を矯正する方法」であるならば、意識しなくても自然に骨盤は正しい位置にある為、普段から骨盤を意識する必要はありません。

姿勢矯正をすれば骨盤回りがリラックスした状態になる。

 「骨盤を直接動かす方法」では骨盤をつねに意識しないといけない為、どうしても腰回りは緊張した状態になります。その為にからだの自然な動きが失われ、様々な機能障害がおきやすくなります。

 一方「姿勢を矯正する方法」であるならば、骨盤を意識する必要がない為にからだはリラックスした状態です。からだはスムーズに機能して運動機能も高まります。

 以上のような事から、骨盤の位置を整えるには姿勢矯正が最適だと言えるのです。

まとめ

mike

以上、骨盤前に傾いて「でっちり」になってしまう理由とその改善方法について解説しました。

tora

前じゃなくて逆に骨盤が後ろに傾いた場合はどうなの?

mike

見た目にはあまり問題ありませんが、腰に強い負担をかけますから、やはり問題のある状態です。
 

骨盤の正しい位置
tora

前でも後ろでも、骨盤は傾きすぎるとよくないってことだね。

mike

その通りです。

 

 最後にポイントをまとめます。

  • お尻が目立つ「でっちり」になる直接的な原因は骨盤が前に傾いたから。
  • 骨盤が前傾してしまう原因は、悪い姿勢である場合が多い。
  • 骨盤の動きと姿勢は連動していて、相互依存の関係にある。
  • 姿勢矯正をすると自然に骨盤は正しい位置に戻る。
  • URLをコピーしました!
目 次
閉じる