サイトタイトル 姿勢インフォメーション
HOME > 悪い姿勢のかたち > 悪い姿勢は太って見える

悪い姿勢は太って見える

 上の写真は悪い姿勢の方のお腹部分だけを抜き出した写真です。ぽっこりしたお腹が目立っているのがわかりますね。

 「最近、急に太ったように感じる。でも、体重はそんなに増えていない。」

 「下っ腹ばっかりに脂肪がついたような気がする。しかも最近、慢性的に腰が痛い。」

 これらは姿勢の悪い方から典型的に聞かれる話です。 多くの場合、悪い姿勢になるとお腹は太ったように目立つようになります。しかしこれは、体重が急に増加したわけではありません。体重はさほど変化していないのに太ったように見えてくるのが、悪い姿勢による太りかたの特徴なのです。では何故そうなるのか、ここではその原因を解説していきます。

太って見える原因はお腹が前に突き出たから。

 

 まずは悪い姿勢になると、本当に太って見えるのか確認してみましょう。 上図は悪い姿勢の三分類です。悪い姿勢のほとんどはこの内のどれかに分類する事ができます。 お腹の部分に注目して見てみましょう。全ての姿勢でお腹の位置が前に突き出ているのがおわかりいただけるでしょうか。 ピンとこない方は、さらに下の図も見てください。

 上は、お腹の位置をわかりやすくするために、からだの中央に線を加えてみた図です。 一番左の正しい姿勢では胴体の中央に線が通ってますが、左3つの悪い姿勢では、線より前にお腹がずれている事がわかります。 つまり悪い姿勢になると、必ずお腹は前に突き出てくるのです。

  そして、お腹が前に突き出れば、その分太ったように見えてきます。 この単純な事実が、悪い姿勢になると太って見える理由です。

お腹が出ているならば悪い姿勢かも?

 悪い姿勢により太って見えている人には、以下のような事例がよく当てはまります。

  • 体重以上に太って見える。
    最近体重は増加していないのに下腹が目立つようになった、などが典型例。
  • 立ち作業時、お腹のみが作業台にくっついている。
    洗い物をしていると、ふと気付くとお腹の部分だけ濡れている、というような方は注意です。
  • 立ち姿勢で足下を覗くと、胸とお腹しか見えない。
    お腹が前に出ると足下の視界を塞いでしまう為に、下を見ても胸とお腹しか見えなくなります。
  • スボンにシャツを入れても、すぐに出てきてしまう。
    カラダが反り返っている為に、シャツが均一にズボンにはいらなくなる事が原因です。

 上記のような事例に当てはまる方は、太って見えている原因は悪い姿勢である可能性が高いと言えます。逆から考えれば、太って見えるお腹は、悪い姿勢かどうかを判断する一つの指標になるとも言えるのです。

突き出たお腹は健康に悪影響を及ぼす。

 突き出たお腹が長期に及ぶと、見た目以外の問題が発生してきます。健康に悪影響を及ぼすようになるのです。
 お腹の突き出た状態は、腹筋を上下に引き延ばしている状態と言い換えられます。筋肉には引き延ばされると力が入りずらくなるという性質がありますので、腹筋は少しずつ弱くなっいきます(下図参照)。

腰の反りによる腰の筋肉緊張イラスト

お腹が出ると腹筋は弱くなる

 腹筋はからだにとって重要な筋肉です。からだの根幹を支える働きだけでなく、お腹の圧力を保って内臓の働きも補助しています。その為、腹筋の低下は様々な健康問題の遠因になるのです。例えば以下のような症状と関係してきます。

  • 消化器系の働きの低下
    腹筋の筋力低下はお腹の圧力をも低下させます。その結果として消化器系の働きも低下してしまいます。
  • 冷え・むくみの増加
    お腹の圧力が低下すると、血液を心臓に戻す力も弱まり、下半身に冷えやむくみをおこしやすくなります。
  • 股関節付近の痛み
    お腹が突き出る事で股関節の付け根付近を圧迫し、そこに痛みの出る場合があります。
  • 腹部に脂肪がつきやすくなる
    腹筋の弱い状態は、お腹周りに脂肪のつく原因になります。

 上記の内、特に「消化器系・冷え・むくみの問題」は、私の治療室の統計データからも明確な関連性がある事がわかっています。又、これ以外にも、足のしびれ、腰痛の悪化等、さまざまな問題との関連性もあり、健康と広く関係していると思われます。

※姿勢と健康との関係についての詳細はこちらをご覧下さい

姿勢矯正をしないとお腹はへっこまない。

 では、悪い姿勢により出てきたお腹は、どうすればへっこむのでしょうか。
 まず「ダイエット」や「腹筋運動」などの一般的な方法ではあまり効果はありません。太って見えているのはお腹の突き出た事が原因ですから、体重の増減とあまり関係がないからです。つまり、根っこの原因である、悪い姿勢を矯正しなければ、お腹はへっこまないのです。

 上の写真は、ある男性の矯正前と矯正後の写真です。左の矯正前のぽっこりしたお腹は、右の矯正後には改善されているのがわかります。この患者さんはお腹をへっこませる為のダイエットや腹筋運動などは一切してません。姿勢矯正のみでお腹の引き締まった状態になったのです。実際、私の治療室で姿勢矯正されるほとんどの方は、姿勢の矯正具合に比例してお腹周りがすっきりしてきます。

 ダイエットなどをしてもお腹だけはどうしてもへっこまない方は、悪い姿勢である確率が高いですから、お腹をへっこませる為にも姿勢矯正をしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

最後にまとめです。

  • 太って見える原因はお腹が前に突き出たから。
  • 体重の変化はあまりないのにお腹が出てきたならば、悪い姿勢なのかもしれない。
  • 突き出たお腹は冷え・むくみ・腰痛などの健康問題をひきおこす。
  • 悪い姿勢によるお腹はダイエットをしてもへっこまない。つまり姿勢矯正をするしかない。

menu_upper
書籍画像
角川SSC新書 定価798円
amazonで買う
実践的な姿勢矯正エクササイズや、自己の姿勢の簡単な分析法を、詳細な図解入りで解説
詳しい書籍紹介




menu_lowwer
カイロバーナ
悪い姿勢は太って見える |姿勢インフォメーション
サイトタイトル 姿勢インフォメーション
HOME > 悪い姿勢のかたち > 悪い姿勢は太って見える

悪い姿勢は太って見える

 上の写真は悪い姿勢の方のお腹部分だけを抜き出した写真です。ぽっこりしたお腹が目立っているのがわかりますね。

 「最近、急に太ったように感じる。でも、体重はそんなに増えていない。」

 「下っ腹ばっかりに脂肪がついたような気がする。しかも最近、慢性的に腰が痛い。」

 これらは姿勢の悪い方から典型的に聞かれる話です。 多くの場合、悪い姿勢になるとお腹は太ったように目立つようになります。しかしこれは、体重が急に増加したわけではありません。体重はさほど変化していないのに太ったように見えてくるのが、悪い姿勢による太りかたの特徴なのです。では何故そうなるのか、ここではその原因を解説していきます。

太って見える原因はお腹が前に突き出たから。

 

 まずは悪い姿勢になると、本当に太って見えるのか確認してみましょう。 上図は悪い姿勢の三分類です。悪い姿勢のほとんどはこの内のどれかに分類する事ができます。 お腹の部分に注目して見てみましょう。全ての姿勢でお腹の位置が前に突き出ているのがおわかりいただけるでしょうか。 ピンとこない方は、さらに下の図も見てください。

 上は、お腹の位置をわかりやすくするために、からだの中央に線を加えてみた図です。 一番左の正しい姿勢では胴体の中央に線が通ってますが、左3つの悪い姿勢では、線より前にお腹がずれている事がわかります。 つまり悪い姿勢になると、必ずお腹は前に突き出てくるのです。

  そして、お腹が前に突き出れば、その分太ったように見えてきます。 この単純な事実が、悪い姿勢になると太って見える理由です。

お腹が出ているならば悪い姿勢かも?

 悪い姿勢により太って見えている人には、以下のような事例がよく当てはまります。

  • 体重以上に太って見える。
    最近体重は増加していないのに下腹が目立つようになった、などが典型例。
  • 立ち作業時、お腹のみが作業台にくっついている。
    洗い物をしていると、ふと気付くとお腹の部分だけ濡れている、というような方は注意です。
  • 立ち姿勢で足下を覗くと、胸とお腹しか見えない。
    お腹が前に出ると足下の視界を塞いでしまう為に、下を見ても胸とお腹しか見えなくなります。
  • スボンにシャツを入れても、すぐに出てきてしまう。
    カラダが反り返っている為に、シャツが均一にズボンにはいらなくなる事が原因です。

 上記のような事例に当てはまる方は、太って見えている原因は悪い姿勢である可能性が高いと言えます。逆から考えれば、太って見えるお腹は、悪い姿勢かどうかを判断する一つの指標になるとも言えるのです。

突き出たお腹は健康に悪影響を及ぼす。

 突き出たお腹が長期に及ぶと、見た目以外の問題が発生してきます。健康に悪影響を及ぼすようになるのです。
 お腹の突き出た状態は、腹筋を上下に引き延ばしている状態と言い換えられます。筋肉には引き延ばされると力が入りずらくなるという性質がありますので、腹筋は少しずつ弱くなっいきます(下図参照)。

腰の反りによる腰の筋肉緊張イラスト

お腹が出ると腹筋は弱くなる

 腹筋はからだにとって重要な筋肉です。からだの根幹を支える働きだけでなく、お腹の圧力を保って内臓の働きも補助しています。その為、腹筋の低下は様々な健康問題の遠因になるのです。例えば以下のような症状と関係してきます。

  • 消化器系の働きの低下
    腹筋の筋力低下はお腹の圧力をも低下させます。その結果として消化器系の働きも低下してしまいます。
  • 冷え・むくみの増加
    お腹の圧力が低下すると、血液を心臓に戻す力も弱まり、下半身に冷えやむくみをおこしやすくなります。
  • 股関節付近の痛み
    お腹が突き出る事で股関節の付け根付近を圧迫し、そこに痛みの出る場合があります。
  • 腹部に脂肪がつきやすくなる
    腹筋の弱い状態は、お腹周りに脂肪のつく原因になります。

 上記の内、特に「消化器系・冷え・むくみの問題」は、私の治療室の統計データからも明確な関連性がある事がわかっています。又、これ以外にも、足のしびれ、腰痛の悪化等、さまざまな問題との関連性もあり、健康と広く関係していると思われます。

※姿勢と健康との関係についての詳細はこちらをご覧下さい

姿勢矯正をしないとお腹はへっこまない。

 では、悪い姿勢により出てきたお腹は、どうすればへっこむのでしょうか。
 まず「ダイエット」や「腹筋運動」などの一般的な方法ではあまり効果はありません。太って見えているのはお腹の突き出た事が原因ですから、体重の増減とあまり関係がないからです。つまり、根っこの原因である、悪い姿勢を矯正しなければ、お腹はへっこまないのです。

 上の写真は、ある男性の矯正前と矯正後の写真です。左の矯正前のぽっこりしたお腹は、右の矯正後には改善されているのがわかります。この患者さんはお腹をへっこませる為のダイエットや腹筋運動などは一切してません。姿勢矯正のみでお腹の引き締まった状態になったのです。実際、私の治療室で姿勢矯正されるほとんどの方は、姿勢の矯正具合に比例してお腹周りがすっきりしてきます。

 ダイエットなどをしてもお腹だけはどうしてもへっこまない方は、悪い姿勢である確率が高いですから、お腹をへっこませる為にも姿勢矯正をしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

最後にまとめです。

  • 太って見える原因はお腹が前に突き出たから。
  • 体重の変化はあまりないのにお腹が出てきたならば、悪い姿勢なのかもしれない。
  • 突き出たお腹は冷え・むくみ・腰痛などの健康問題をひきおこす。
  • 悪い姿勢によるお腹はダイエットをしてもへっこまない。つまり姿勢矯正をするしかない。

menu_upper
書籍画像
角川SSC新書 定価798円
amazonで買う
実践的な姿勢矯正エクササイズや、自己の姿勢の簡単な分析法を、詳細な図解入りで解説
詳しい書籍紹介




menu_lowwer
カイロバーナ