サイトタイトル 姿勢インフォメーション
HOME > 悪い姿勢のかたち >丸まった肩に見える理由

丸まった肩に見える理由

 「肩の丸まって見える事が気になります。」
 これは、姿勢の悪い人からよく聞くセリフです。確かに悪い姿勢になると、前方に肩が移動して丸まったように見えるようになる事があります(上図参照)。 この状態はだらしなくも見えますので、気にされが方も多いのでしょう。

では、そうなる原因はどこにあるのでしょうか。当然、肩にある、と思われるかもしれませんが、実はそうではありません。原因は背中にあるのです。 この章では、丸まった肩の原因とその対策を解説しましょう。

背中が丸く変形すると、肩も丸く"見える"ようになる

 丸まった肩の原因は背中にあります。具体的には、背中が丸くなる、つまり猫背が原因です。 では何故、猫背になると、それとは直接関係ない肩まで変形するのでしょうか。

 実は、これは"見え方"の問題で、肩そのものは変形していないのです。背中が丸く変形する時、丸みの頂点部は背中方向に押し出されるように動きます。すると、相対的に肩は前方に移動したように見えてくるのです。文章より図を見ていただいた方がわかりやすいでしょう。

猫背になると背骨が背中側に押し出される

 上図の左は正しい姿勢です。首・肩・背骨の位置は同一の直線上に位置しています。しかし右側のように背中が丸まると、背骨は後方に押し出されるように動きます。すると、肩の位置は背骨より前方に位置するように"見えて"きます。

 実際の例で見てみましょう。下図は、肩が前に出てる事を気にしている患者さんの写真をわかりやすく加工したものです。

 この図に、身体の中央線(青)と、背骨に相当する線(赤)を重ねてみます。
 図を見ると、身体の中央線(青)は肩の位置と同一線上にある事がわかります。その一方、背骨のライン(赤)は、身体の中央線より背中側にずれている事がわかります。以上の事からも、背骨の位置が変化した事で、肩の位置が変化したように見えていた事がわかります。

肩を背中に引き寄せると、姿勢は悪化する

 では、この丸まった肩を矯正するにはどうすればよいでしょうか。ここまで読まれた方にはもうおわかりでしょう。元の原因である猫背を矯正さえすれば、肩の位置も自然に矯正されるのです。しかし、多くの方はこの単純な事実を知らない為、肩を背中に引き寄せて矯正しようとしてしまいます。もちろん、これでは丸まった肩は矯正されません。しかも別の問題も引き起こします。さらに姿勢が悪くなってしまうのです。

 何故、肩を背中に引き寄せると姿勢は悪くなるのでしょうか。それは「肩を背中に引き寄せる」動作が「胸を張る」動作とほぼ同じだからです。胸をつねに張っていると「胸つき出し姿勢」という悪い姿勢になってしまう事は、別の章で詳しく解説しました(詳しくは「胸を張ると姿勢が悪くなる」を参照)。今これを読まれている方は、よろしければ実際に肩を背中に引き寄せてみて下さい。すると、自然に胸を張った姿勢になる事がおわかり頂けると思います。

胸つき出し姿勢イメージ

典型的な胸つき出し姿勢の図

 実は、丸まった肩を気にしている人は、この胸突き出し姿勢である事が多いのです。胸突き出し姿勢は見た目の良い姿勢ですが、一つだけ悪く見える部分があります。それが「丸まった肩」なのです。例えば猫背の方は、背中の丸さが際立ってますので、肩が丸くてもあまり目立つ事はありません。しかし、胸突き出し姿勢の方は、他の問題がない為に肩の丸さだけが目立ってしまうのです。このような理由から、胸つき出し姿勢の方は「肩が丸まって見える → より胸を張る → より変形(以下繰り返し)」という悪循環に陥っいってしまう場合がよくあります。

見た目に惑わされすぎない事が大事

 変形している部位を間違えて、見当違いな矯正をしてしまい、逆に姿勢を悪くするというケースは、実に多く見られます。その代表的な例が、ここまで解説した「丸まった肩」のケースです。この他にも、首の変形を背中の変形と勘違いしたり、腰の変形を背中の変形と勘違いしたりと、さまざまなケースがあります。

 このような事が起こらないようにする為には、どの部位がどう変形しているか、正確に見極めてから矯正に取り組む事が重要です。

まとめ

ここまでのまとめです。

  • 肩の丸く見える原因は、猫背になったから
    肩が丸く見えるの、肩そのものに原因はなく、背中が丸く変形した事で、肩の位置が変化したように見える事が原因です。
  • 肩を背中に引き寄せると逆に姿勢は悪化する
    肩の丸みは背中の丸みを矯正すれば自然に改善されます。この事を知らずに、肩を背中に引き寄せる動作を繰り返していると、逆に姿勢は悪化してしまい、多くの場合"胸突きだし姿勢"になってしまいます。
  • 見た目に惑わされすぎない事が大事
    姿勢の見た目にとらわれすぎると、間違った姿勢矯正をする事になってしまいます。自分の正確なからだの形を知る事が重要です。

menu_upper
書籍画像
角川SSC新書 定価798円
amazonで買う
実践的な姿勢矯正エクササイズや、自己の姿勢の簡単な分析法を、詳細な図解入りで解説
詳しい書籍紹介




menu_lowwer
カイロバーナ