サイトタイトル 姿勢インフォメーション
HOME > 姿勢を悪くする原因 > 胸を張る姿勢の問題点 > 胸を張った姿勢 = 猫背?

胸を張った姿勢 = 猫背?

 さて前章で、胸を張る姿勢は「背筋を伸ばした姿勢」ではなく、「胸を前に突き出した姿勢」である事がわかりました。
  そしてこの事実から、胸を張る姿勢の重要な問題点が浮かび上がります。
  それは、猫背との類似点です。つまり、

胸を張った姿勢は、見方を変えると、猫背と同じ姿勢である。

 という事が導きだされるのです。
 おかしな事を言っていると思われるかもしれませんが、もう少し待ってください。
 まずは、胸を張った姿勢と猫背を図で比べてみましょう。

胸を張った姿勢の形と猫背姿勢は一緒の形?

 上図の左が胸を張った姿勢、右が猫背姿勢です。やはり並べて見ても、とても同じ姿勢には見えませんね。しかし同じに見えないのは、"姿勢"として見ているからです。姿勢を"形"として見てみましょう。そうすると、見えなかったものが見えてきます。
 いきなり姿勢を形として見るのは難しいですから、練習として、単純な図形であるアルファベットの"L"の字で考えてみます。
 
 上図がアルファベットのLの字です。次に、Lの字を"字"としてではなく、"形"として見てみましょう。
   上図に引いた線の形を言葉にすれば、「直線が直角に曲がっている形」と言えます。この形を見れば、アルファベットの"L"の字と、人は当たり前に判断するでしょう。では、形が「直線が直角に曲がっている形」であれば、どのような場合においても必ず人は"L"の字だと判断するのでしょうか?
 実はそうではありません。見る方向を変化させると、"L"の字は別の「見た目」になってしまうからです。
 例えば、"L"の字を時計周りに45°回転して見てみましょう。上図で見るように、形は"L"の字のままですが、見た目はひらがなの"く"の字のなってしまいました。さらに、時計回りに45°回転させてみます。
 今度は"^ "記号(キャレット記号)の見た目になってしまいました。
 このように、同じ「直線が直角に曲がっている形」でも、見る方向を変化させるだけで、"く"や"^ "のように、見た目が簡単に変化してしまう事がわかります。
 では次は、実際の胸を張った姿勢で考えてみましょう。
 前章で解説したように、胸を張る姿勢とは「胸を前に突き出した姿勢」です。この胸を張った姿勢の形を、単純な線にして見てみます。

胸を張った姿勢の背中は"L"の形に近い

 このように線を引いてみると、胸の張った姿勢は、直線の曲がりは浅いですが、ほぼ"L"の字と同形である事がわかります。という事は、先の"L"の字と例と同様に、時計回りに回転させて見てみれば・・・

左は胸を張った姿勢。Lの字を時計回りに回転すると、"く"の字の見た目に

 このように、胸を張った姿勢も、"く"の字の見た目になる事わかります。
 そして、ここで再度、猫背姿勢と比較してみましょう。

左)胸を張った姿勢 右)猫背姿勢

 どうでしょう。今度は胸を張った姿勢と猫背とが、同じ背中の形に見えますね。
  図からもわかるように、猫背の背中の形は、"く"の字形です。
  一方、胸を張った姿勢は"L"字形。
 前述したように、 "L"と"く"は、見た目は異なりますが、形として見れば同じ形でしたね。
  つまり、猫背と胸を張った姿勢は、見た目の異なる同じ形の姿勢であると言えるのです。

 ここまでで、最初に述べた「胸を張った姿勢は、見方を変えれば猫背と同じ姿勢」と言える理由がお分かり頂けたでしょうか。そしてさらにこの事実から、つねに胸を張っている人は、猫背にもなりやすいという事もわかります。
  日常的に胸を張っていると、時が経つにつれ"L"字状に背中は固定されていきます。そうして、固定して動かなくなってしまった状態が「胸突き出し姿勢」です。
  胸突き出し姿勢の形は、胸を張っている姿勢ですから、当然猫背には見えません。しかし、胸を張る事をやめてしまったらどうなるでしょうか。

胸を張るのをやめると胸が下がって猫背になる

 胸の位置は、突き出た位置から時計回りに下がってきます。すると、背中の見た目は、"L"から"く"の形となり、結果、とつぜん猫背に見えるようになってしまうのです。
  この事から私は、「胸突き出し姿勢」を、別名「隠れ猫背」と言っています。


menu_upper
書籍画像
角川SSC新書 定価798円
amazonで買う
実践的な姿勢矯正エクササイズや、自己の姿勢の簡単な分析法を、詳細な図解入りで解説
詳しい書籍紹介




menu_lowwer
カイロバーナ