サイトタイトル 姿勢インフォメーション
HOME > 悪い姿勢と健康障害 > 肩こり・首の痛み

悪い姿勢と肩こり・首の痛みとの関係

肩こりイメージ

 悪い姿勢による健康障害でもっとも多い症状が、首・肩のコリです。特に背中から肩が丸い人、つまり猫背姿勢の人に多い症状です。どうして背中が丸いと首・肩のコリの症状がでるのでしょうか?  原因はいくつかありますが、ここでは"頭と首の位置関係による原因"に絞って説明していきます。

頭と首の関係をスイカと支柱に例えると

(図1)頭の重さは大玉スイカと同じぐらい。

 姿勢を保持する構造として頭と首の関係を考えると、首は、頭を支える支柱です。その首に支えられる頭は、だいたい大玉スイカ(3〜5kg)いの重さがあります。大玉スイカを支える支柱としては、首は細い構造です。

 従って、首には、効率よく頭を支える必要があります。頭を支える一番効率の良い首の位置は、頭の真下です。この位置関係でしたら最低限の力で首は頭を支える事ができます。つまり、この首と頭が一直線に近い状態が正しい姿勢です(図1参照)。

 では猫背の人はどうなるのでしょうか。背中が丸くなると首は前に傾き、頭は、首より前方に位置するようになります。これでは首は頭を支えきれません(図2参照)。

 ではどうするか。首の支柱としての働きを何かで補強する必要があります。その補強に使われるのが筋肉です。筋肉の力で首の構造を補強する事により、どうにか姿勢を安定させる事ができます。しかし、筋肉は力を使い続けると、疲労してしまいます。この筋疲労が"コリ"として意識されて首・肩のコリになるわけです。

頭突き出し姿勢になると頸部緊張

(図2)頭が前につき出る事と筋肉が首を支えなくてはいけない

 次に、私の治療室の統計データを見てみます。下のグラフは、先にも紹介した"猫背の程度と肩こりを訴える人の比率"を示したグラフです。

猫背の度合いと肩こりの関係グラフ

 グラフの横軸は背中の丸み角で、背中の丸みの程度を角度で表したものです。頭と首の位置関係だけで考えれば、頭を前に出す事と背中を丸める事は同意と考えて差し支えありません。縦軸は肩こりを訴えている人の比率を表します。肩こりを訴える人が7割りを超えている背中の丸み角45°という角度は、だれが見ても猫背とわかる背中の丸まり具合を示します。このグラフからも、背中を丸めると、それに比例して肩こりを訴える人も増加する事がわかります。

 首・肩のコリは事務職の人に多い症状です。これは、パソコン画面や書類に注視する事が、猫背になってしまう大きな原因になっているからです。又、事務職の人は、頭痛にもなりやすい傾向があります。何故なら、肩を丸めた姿勢は、頭痛にも深い関係があるからです。次章は頭痛について解説しましょう。


menu_upper
書籍画像
角川SSC新書 定価798円
amazonで買う
実践的な姿勢矯正エクササイズや、自己の姿勢の簡単な分析法を、詳細な図解入りで解説
詳しい書籍紹介




menu_lowwer
カイロバーナ