サイトタイトル 姿勢インフォメーション
HOME > 悪い姿勢と健康障害 > 姿勢矯正とダイエット効果

姿勢矯正にダイエット効果はあるのか

 「姿勢矯正をすると、やせますか?」

 患者さんからよくされる質問の一つです。結論から言えば、見た目のダイエット効果は高いと言えます。下の写真をみてください。下の写真は、同一人物の姿勢矯正前と後の比較写真を加工した物で、左が矯正前、右が矯正後の写真になります。それぞれのお腹に注目してみましょう。左の矯正前の写真では、下腹がこぼれおちるように出ていますが、右の矯正後の写真では、お腹はきゅっと締まっていますね。

 これは、体重が減少したからではありません。腹筋の働きが高まった事によります。

正しい姿勢と悪い姿勢イメージ

左)姿勢矯正前 右)姿勢矯正後

 悪い姿勢になると、ほとんどの場合、お腹は前につき出てきて腰は反ってきます。腰の反りが強い姿勢になると、背筋は上下に縮められた状態(収縮状態)になります。この事が腰痛の原因になる事は「悪い姿勢と腰痛」の章で解説しました。実は、背筋が収縮するのと同時に、腹筋側は、伸ばされて弛緩状態になります(下図参照)。弛緩した腹は、下腹側に垂れ下がり、結果、太って見えるようになります。これが、姿勢が悪くなると太って見える原因の一つです。

腰の反りによる腰の筋肉緊張イラスト

(図1)腰が反ると、腹筋は弛緩する

 このような解説をすると、「では、腹筋を鍛えれば良いのではないか」と考えられる方が多いのですが、実際はそう簡単ではありません。まず第一に、姿勢が悪いままだと腹筋を鍛える事は困難です。腰が反った状態で腹筋をするのは、前に進もうとしている人の背中を、後ろから引っぱり戻しているようなものです。つまり、緊張した背筋が邪魔をして、効率的な腹筋ができないのです。第二に、仮に腹筋が強化されても、姿勢がよくならない限り腰の反り返りは改善されません。ですから仮に腹筋を鍛える事が出来ても、意識的に腹筋を収縮させていないと、締まった状態を維持できないのです。

 大抵の場合、姿勢矯正をすると、腹部だけでなく、全身が引き締まった状態になります。お腹側の筋肉が適度に緊張しただけでなく、今まで働き過ぎだった背中側の筋肉がゆるむ事で、全身の筋肉がバランスよく引き締まるからです。

 体重そのものの早期の減少は、姿勢矯正であまり望めませんが、長期的に見れば、姿勢が矯正される事により全身の筋肉の働きが良くなって、腹部を中心に脂肪が自然にどれていく事が多いようです。


menu_upper
書籍画像
角川SSC新書 定価798円
amazonで買う
実践的な姿勢矯正エクササイズや、自己の姿勢の簡単な分析法を、詳細な図解入りで解説
詳しい書籍紹介




menu_lowwer
カイロバーナ