サイトタイトル 姿勢インフォメーション
HOME > 悪い姿勢と健康障害 > 腰痛

悪い姿勢と腰痛との関係

腰痛イメージ

 腰痛も、悪い姿勢により発生する典型的な症状です。特に、お腹を前につき出して腰を反らしている姿勢が腰痛になりやすい傾向があります。※1 何故、腰が反ると腰痛になりやすのでしょうか? その原因として主に以下の2つが考えられます。

  • 1.筋肉の緊張
  • 2.背骨の負担増加

1.筋肉の緊張

腰の反りによる腰の筋肉緊張イラスト

(図1)腰が反ると、腰の筋肉が短くなり緊張する

 胴体を支える筋肉は、おなか側の腹筋と、せなか側の背筋に大きく分ける事ができます。腰のカーブが適度な姿勢だと、腹筋と背筋は同程度の力を発揮して姿勢を維持しています(図1左参照)。※2しかし腰のカーブが強い姿勢になると、背筋は上下に縮められた状態(収縮状態)になります(図1右参照)。縮まった状態が長く続くと筋肉は緊張状態になり、それが痛みへと変化します。これが悪い姿勢による腰痛の原因の一つです。

 ちなみに、おなか側の腹筋は、上下に伸ばされた状態(伸展状態)になりますので、逆に筋力が低下し、下腹が前に突き出てきます。姿勢が悪くなるとお腹にお肉がつきやすくなるのは、これが原因です。腹筋の筋力低下は、下半身のむくみや消化器系の弱さ(便秘や下痢)など、色々な健康問題と関わりがあります。(1)

2.背骨の負担増加

腰が反ると腰の関節の負担増加イラスト

(図2)腰が反ると、腰の関節が締まった状態になる

 腰が反ると、腰の関節は締まった状態になります。これが、背骨の関節構造への負担となり、関節周辺の組織に慢性的な炎症がおこします(図2参照)。(2)


 姿勢による腰痛は、大抵この二つの原因が合わさっておこります※3。歯磨きなどの時に体を曲げて増悪する腰痛は、筋肉の緊張が原因。腰を反らして増悪する腰痛は、背骨への負担増加が原因です。慢性化すると、腰を反らしても曲げても痛くなり、さらに足に痛み・しびれがともなうようになる事が多いようです。

 腰痛に伴う足のしびれは、座骨神経痛やヘルニアなどの神経由来の痛みと言われる事が多いですが、もっと単純な原因、つまりは姿勢が原因の場合も多いように思われます。大抵の悪い姿勢は、下半身が前に傾いた姿勢を伴います。これが下半身に余分な負担をかけて、重だるいしびれ状態をつくるのです。しびれが電気的で明確なものでなく、鈍痛であいまいなものならば、姿勢によるしびれのの可能性が高くなります※4



補足メモ

  • ※1 座っている時は、逆に腰が丸まっていると腰痛になりやすくなります。腰への負担は腰を反りすぎても、丸めすぎも、同様なのです。腰を丸めるのがいけない理由は別の章で解説したいと思います。
  • ※2 正確にはやや背筋優位になっています。
  • ※3 ここでは、腰の反りが悪い姿勢による腰痛の原因としましたが、この事以外にも腰痛に深く関わっている要素があります。それが、"バランスの悪い"悪い姿勢という概念です。これについては別章で解説予定です。
  • ※4 ひとつの痛みが別の場所に広がる理由は大きく2つあります。放散痛と関連痛です。神経が刺激されて引きおこされる痛みの広がりが放散痛。代表的なのが坐骨神経痛ですね。関連痛は神経と関係なく痛みが広がるケースをいいます。例えば心臓が痛くなると左肩が痛むというような話を聞いた事はありませんでしょうか。腰・骨盤周辺の痛みの関連痛として足に痛みがでる事も多々あります。特にふとももの外側周辺に強くでるケースが多いようです。
  • 参考文献
  • (1)カッパンディ3 関節の生理学 (医歯薬出版) p146
  • (2)カイロプラクティックマネジメント(エンタプライズ社):椎間関節症候群p162
menu_upper
書籍画像
角川SSC新書 定価798円
amazonで買う
実践的な姿勢矯正エクササイズや、自己の姿勢の簡単な分析法を、詳細な図解入りで解説
詳しい書籍紹介




menu_lowwer
カイロバーナ