サイトタイトル 姿勢インフォメーション
HOME > 姿勢矯正の実例紹介>腰つき出し姿勢

姿勢矯正の実例 腰つき出し姿勢 一般例


 Dさんは62歳の男性で、肩こりと腰痛で来院されました。
 お仕事は管理職をされていて、事務仕事と立ち仕事の半々だそうです。Dさんの姿勢写真(上写真)を見ると、体の中でお腹が一番前に出ている"腰つきだし姿勢"である事がわかります。特徴的なのは肋骨のつき出し(写真右を参照)です。Dさんのように変形が肋骨にまで及んでいる場合、矯正に時間がかかりやすい傾向があります。

腰つき出し姿勢の矯正は、腰反りの改善がポイント

 Dさん自身も姿勢を気にされていたので、姿勢矯正をする事には問題なく納得していただけました※1。治療計画は週一回の施術と、自宅での姿勢矯正エクササイズで、特有な部分はありません。しかし治療が進むと、場合によって腰部(腰の反り)の矯正が進まないという腰つき出し姿勢に特有の問題が発生する事があります。この要因には以下のような事が考えられます。

  • 腰の関節そのものが硬くなっている
  • 下半身全体硬くなっている
  • お腹側の筋力が弱くなりすぎていて、腰を固定できなくなっている
  • 正しい姿勢になる動作練習において、下半身の動作の習得に手間取っている

 これらの問題は他の姿勢でも起こりえますが、特に腰つき出し姿勢の方に多く見られます。このような問題が発生した場合、運動や施術などを追加で行なう事になります。Dさんの場合も下半身全体の硬さが強い為に腰部の矯正が進みませんでした。そこで下半身への施術を増やすと同時に、股関節のストレッチを追加して自宅で行なうようにしてもらいました。その後は問題がおこる事もなく、矯正は順調に進みました。

矯正から約一ヶ月後


  上の写真(右)は矯正を始めてから約1ヶ月半後のDさんの写真です。完全ではありませんが、お腹もへっこんで腰の反りもとれました。背中の丸みはまだ残っていますが、症状はほぼ改善されましたので、肩周りをやわらかくするエクササイズは継続して行なってもらうようにして治療は終了しました。

高齢でも短期間で矯正が終わる場合も多い

 大ななトラブルがなかったとはいえ、肋骨の変形があるだけでなく年齢も62歳とやや高齢ですから、Dさんの矯正は早く終わったケースといえるでしょう。年齢は、姿勢矯正をしようと考える人のよくある心配事の一つです。もちろん、高齢であれば期間が長引く傾向があるのは確かですが、Dさんのように短期間で矯正が終わるケースもよくあり、年齢が矯正期間の絶対的な指標になる事はありません。



補足メモ

  • ※1 腰つきだし姿勢の典型的症状は腰痛ですから、Dさんの話とも合致します。しかし、Dさんの症状は腰痛よりも肩こりのほうが強いとの事でした。肩こりが強いのはむしろ猫背姿勢なのですが、腰つきだし姿勢の人でもDさんのように強い肩こりを訴える人は多くいらっしゃいますので、Dさんの症状の原因は悪い姿勢からくるものと判断しました。実は、猫背姿勢と腰つき出し姿勢は、丸い背中と突き出たお腹という共通の変形を持っている為、分類もあいまいで症状もよく似ているのです。
menu_upper
書籍画像
角川SSC新書 定価798円
amazonで買う
実践的な姿勢矯正エクササイズや、自己の姿勢の簡単な分析法を、詳細な図解入りで解説
詳しい書籍紹介



menu_lowwer
カイロバーナ