サイトタイトル 姿勢インフォメーション
HOME > 姿勢矯正の実例紹介>胸つき出し姿勢の矯正例

姿勢矯正の実例 胸つき出し姿勢 一般的な例


 Cさんは31歳の女性です。腰痛と肩こりの症状で来院されました。
 Cさんの姿勢(上写真)をみると、典型的な胸を張った姿勢、胸つき出し姿勢である事がわかります。見た目に問題ない姿勢に思えますが、実は猫背と同様の変形をしている姿勢です。詳しくは以下の記事を参照にしてください。
・胸つき出し姿勢について
・胸を張る姿勢の問題点
・胸を張った姿勢 = 猫背?
 胸つき出し姿勢によりストレスのかかる部位とCさんの症状の出ている部位はほぼ一致していましたので、Cさんの症状は悪い姿勢によるものである可能性が高いと思われました。

本人は姿勢の悪い事に気付かない、胸つき出し姿勢

 姿勢の状態についてCさんに説明すると、姿勢が悪いとはCさん自身まったく考えていなかったそうです。胸つき出し姿勢は見た目に問題ない姿勢の為、Cさんのように本人は気付いていない事が多いのです。そこでもう少し詳しくCさんと姿勢について話をしてみました。

  私「今より以前、子供の時などにご家族の方から姿勢について何か指摘を受けていたりしませんでしたか?」
  Cさん「実は高校生ぐらいまでは姿勢の悪い事を家族によく注意されていました。その後、姿勢を注意するようになり、最近は誰にも姿勢が悪いとは言われなくなりました。」
  私「肩こりがひどくなったのは、その姿勢を気にされるようになった頃からではないですか?」
  Cさん「確かにそうです。」


 この話をして、Cさんの症状の原因は胸つき出し姿勢にあると、私はほぼ確信しました。

胸つき出し姿勢になる典型的なパータンとは

 つまりこういう事です。以前Cさんの姿勢は首猫背姿勢だったと思われます。首猫背姿勢は見た目に悪い姿勢ですから、家族や周りの人に注意や指摘をされた事でしょう。そこでCさんは姿勢を正そうとして「胸を張る」事を日常的にしていたのだと思われます。しかし、このホームページで繰り返しお話ししているように、"胸を張る"ことは"背筋を伸ばす"ことではなく、"胸を上に突き上げる"ことです。

左は首猫背姿勢。胸を張ると首が直立して右の胸つき出し姿勢になる

 上図のようにCさんの姿勢は首猫背姿勢から胸つき出し姿勢に変化したと考えられます。胸つき出し姿勢は見た目に問題ない姿勢ですから、周りの誰からも姿勢について指摘される事はなくなるのは当然です。しかし、悪い姿勢による体への負担は蓄積され(猫背姿勢より胸つき出し姿勢の方が身体的負担はより強いのです)、その結果、現状に至ったと思われます。
 このような話は決して珍しいケースではなく、むしろ、胸つき出し姿勢の人からは頻繁に聞かれる典型例なのです。

胸つき出し姿勢は、正しい姿勢への理解が大事

 胸つき出し姿勢の問題点を説明し、姿勢矯正を行なう事をCさんに納得してもらいました。治療プランは週一回の矯正治療と自宅で3分程度の姿勢矯正エクササイズで、他の姿勢矯正のケースと変わりはありません。他の姿勢と違うのは、姿勢を正す動作練習を多めに行なう事です。胸つき出し姿勢の方が姿勢を正すように動くと、逆に姿勢を悪くしているような感覚にとらわれる事が多い為、動作の習得に時間がかかるケースが多いからです。

治療1ヶ月


 上の写真(右)は、矯正一ヶ月後くらいのCさんの姿勢写真です。写真からまだあまり矯正が進んでいない事がわかります。姿勢を正す動作をうまく習得できない状態が続いているのがその理由です。しかしその一方、からだの症状は半分程度改善したそうです。つまり、体は柔らかくなってきているのです。このような事から、姿勢を正す動作が正しく出来るようになりさえすれば、姿勢はおのずと矯正されると思われました。そこで、治療室での動作指導をより強化して、自宅でも丁寧に動作練習するようCさんにお願いしました。この姿勢を正す動作習得こそが、胸つき出し姿勢の方にとっての矯正の難所です。しかし、ここさえうまく出来るようになれば、その後はむしろ早く矯正が進むのも胸つき出し姿姿勢の方の特徴なのです。
 Cさんもこの後、少しずつ動作が出来るようになり、姿勢も急速に改善に向かいました。

治療3ヶ月


 上の写真(一番右)は矯正約3ヶ月後ぐらいの写真です。全体に背中が伸びて、すっきりしているのがわかります。肩こりと腰痛もすっかり改善しましたので、自宅でのエクササイズの継続をお願いして治療は終了しました。


menu_upper
書籍画像
角川SSC新書 定価798円
amazonで買う
実践的な姿勢矯正エクササイズや、自己の姿勢の簡単な分析法を、詳細な図解入りで解説
詳しい書籍紹介



menu_lowwer
カイロバーナ