サイトタイトル 姿勢インフォメーション
HOME > 姿勢矯正の方法 > 姿勢矯正エクササイズ解説 > 腹筋エクササイズ

筋肉トレーニング(1) 腹筋

 次に紹介するのは、筋力アップエクササイズです。
 今までご紹介した全てのエクササイズは柔軟性をつけるストレッチエクササイズでした。何故なら、硬い体のままで筋力アップを中心に姿勢矯正をしてしまうと、正しい姿勢を長期的に維持するのが困難になってしまうからです(詳しくはこちら)。しかし、ある程度柔軟性がついた後なら、ストレッチと平行して筋力アップもすると効果的な部位もあります。
 その部位とはお腹の筋肉、腹筋です。
 腹筋のエクササイズはみなさんもよくご存知か思います。仰向けに寝た状態で上半身を繰り返し上下するのが一般的な方法です。
 しかし、姿勢矯正を目的に考えた場合、この一般的な腹筋法はあまり適当ではありません。
 姿勢矯正を目的に腹筋をするなら、これから紹介する姿勢矯正に最適な腹筋エクササイズを実践しましょう。

実際に行なう前に注意点
 紹介したエクササイズによる、いかなる事故・事象も、当方では責任は負いかねます。
同意の上、自己責任でエクササイズは行ってください。
大事なポイント!
" あせらない" "ゆっくり" "正確に"
"違和感や痛みがあった場合は中止する"

姿勢矯正に適した腹筋エクササイズの方法

 まずは、以下の図をみてエクササイズの姿勢を確認してください。

 まずは仰向けに寝て膝を立てます。次に両手を図のように膝に向けて伸ばし、頭を持ち上げ肩甲骨が床から離れる程度まで上半身を起こします。この状態で腹筋が収縮しているのを感じとる事ができます。このまま30秒程度姿勢を維持しましょう。維持するのがきつくなってきたならば、無理せず中断します。慣れないうちは30秒を小分けして10秒を3回行ないましょう。慣れてきたら、30秒を数回行なうようにします。
 次に注意点とポイントを解説します。

30秒単位で運動を行なう事

 腹筋のエクササイズというと、動作を繰り返し回数を多く行なうのが通常のやり方ですが、これでは姿勢矯正で必要な腹筋を鍛える事はできません。姿勢矯正で必要な筋力は、瞬発力ではなく、持続力です。ですから、瞬発的な動作を多数繰り返すのではなく、力を維持した状態を一定時間保持して、それを数回繰り返すのが最適です。腹筋の場合、30秒を数回行なうのを目安にするとよいでしょう。

体をおこし過ぎないように

 上半身をおこす高さに注意しましょう。
  高くおこしすぎると、姿勢矯正に必要な腹筋エクササイズではなくなってしまいます。上半身をおこす高さは、肩甲骨が床から離れる程度に調整してエクササイズを行なうようにしましょう。

腰を浮かさないよに

 エクササイズの最中に、腰が床から離れないよう注意して下さい。腰が床から離れるのは、無駄な力が腰に入っている証拠です。この状態を続けていると、場合によっては腰痛になってしまいます。腰が浮きそうになったらエクササイズを一度中断して、少し休憩するようにしましょう。

筋エクササイズは姿勢矯正の仕上げとして行なうもの

 以上、姿勢矯正における腹筋エクササイズの方法を解説しました。
 先にも述べましたが、この腹筋運動は、体の柔軟性がある程度ついてから行ないます。実際、矯正の初期段階から筋力アップを行なっても効率はあまりよくありません。矯正の仕上げの段階から始める事で、効率も矯正効果も高まります。まずは、柔軟性をある程度つけてから、筋力アップを始めるよう注意しましょう。


menu_upper
書籍画像
角川SSC新書 定価798円
amazonで買う
実践的な姿勢矯正エクササイズや、自己の姿勢の簡単な分析法を、詳細な図解入りで解説
詳しい書籍紹介


menu_lowwer
カイロバーナ