サイトタイトル 姿勢インフォメーション
HOME > 姿勢矯正をしてみよう > 姿勢矯正エクササイズ解説 >筋ストレッチのコツ

筋ストレッチエクササイズのコツ

 ここまでで紹介した姿勢矯正エクササイズは、悪い姿勢を固めている主な原因である腱と靭帯をストレッチする運動です。
 しかし、悪い姿勢を固めている組織は腱と靭帯以外にもあります。筋肉もその一つです。ですから、硬い筋肉も合わせてストレッチすれば、矯正効果をより高める事ができます。
 そこで次は、筋肉のストレッチエクササイズを紹介していきしょう。
 ここで紹介する筋ストレッチは、どのような悪い姿勢でも効果のあるものに限定して紹介しますので、どなたが行なっても問題ありません。
 エクササイズの具体的なやり方を紹介する前に、筋ストレッチの注意点とコツを紹介しましょう。
 何故なら、ストレッチする部分が異なれば、注意点する点やコツも変わって来るからです。
 より効率的な矯正をする為にも、以下をよく読んで理解してから実際のストレッチを行ないましょう。

強く伸ばしすぎない

 例えば、前屈のストレッチ(足を伸ばして体を曲げる)をする時、力任に伸ばして、手が足先についたぞー、と言っている人をよく見ますが、これはストレッチ運動としては、良いやり方ではありません。
 筋肉の中には、筋肉の状態を感知するセンサーがあります。このセンサーは筋肉を保護する為のものなのですが、力一杯ストレッチしてしまうと、センサーがそれを危険と判断して、筋肉を縮めて保護しようとしてしまうのです。体を守る為には必要な機能なのですが、ストレッチをする時には邪魔な働きといっていいでしょう。
  効率よくストレッチする為にはこのセンサーを働かせないようにする必要があります。その方法は単純です。弱い力でストレッチをすれば良いのです。ストレッチの力の加減を「ここちよい」と感じる程度で留めれば、このセンサーはまず働きません。ストレッチしている感覚としては物足りないかもしれませんが、そうする事でストレッチ効果を高める事ができます。

ゆっくり伸ばす

 もう一つの注意点としては、勢いをつけてストレッチしない事です。
 先に解説したセンサーは、筋肉が強く伸ばされた時だけでなく、急激に伸ばされた時にも同様の働きをします。
 「えいやっ」と勢いをつけてストレッチする人をたまに見ますが、これには筋肉を逆に硬くしてしまうリスクがあるのです。
  ストレッチする時は、ゆっくり徐々に力をかけてストレッチするようにしましょう。

ゆっくり呼吸をしながら30秒以上ストレッチする

 ここまでで、筋ストレッチのコツは弱い力でゆっくり行なう事、なのを解説しました。
 簡単で単純なコツなのですが、あるクセのある人には、実行するのが困難なコツです。
 そして、そのクセのある人は割合として多く、本人はその自覚がない場合がほとんどなのです。
 そのクセとは何でしょう?
 それは「強くストレッチする」クセです。
 「強くストレッチする」クセは、目的意識の高い方に多い傾向があります。目的意識の高い方は「早く結果を出したい」と考えがちで、結果を急ぐあまり無意識に強くストレッチしてしまうのです。困った事に、真面目に頑張ろうとする人ほど目的意識も高いわけですから、やる気に比例して強くストレッチするクセがつきやすくなります。
 こんな人向けに、弱い力でゆっくりストレッチする為の簡単なコツが二つあります。
 一つは、ゆっくり呼吸をしながらストレッチする事です。
 強くストレッチするクセのある人は、無意識に息を止めてストレッチしています。これをあえて意識的に、深くゆっくり呼吸しながらストレッチするようにすると、自然に体から力が抜けて、格段に弱い力でストレッチを行なう事ができるようになります。
 もう一つは、ストレッチを30秒以上続ける事です。
 強くストレッチするクセのある人は、呼吸を止めつつ全身に力を入れてストレッチをする為、せいぜい10〜20秒しかストレッチを続けられません。これを意識的に30秒以上続けるようにすると、無意識に力を加減するようになり、結果として弱い力でストレッチを行なう事ができます。ストレッチの効果も一回30秒程度が最適な間隔ですから、まさに一石二鳥と言えます。

まとめ

 以上、筋肉のストレッチのコツを紹介しました。最後にまとめます。

  • 強く伸ばさない
  • ゆっくり伸ばす
  • 息を止めずに行なう
  • 一回のストレッチは30秒以上行なう

 これらのコツを守って要領よくストレッチをしましょう。次は、実際のストレッチのやり方を紹介します。


menu_upper
書籍画像
角川SSC新書 定価798円
amazonで買う
実践的な姿勢矯正エクササイズや、自己の姿勢の簡単な分析法を、詳細な図解入りで解説
詳しい書籍紹介


menu_lowwer
カイロバーナ