サイトタイトル 姿勢インフォメーション
HOME > 自分の姿勢を分析する > 姿勢撮影の注意点

姿勢を撮影する時の注意点

 姿勢分析をする為には、まず、自分自身の姿勢の写真を撮らなければいけません。鏡を見て観察する方法もありますが、目線を鏡に向けた状態では、正確な姿勢はわかりませんし、そもそも角度を計ったりするような分析は不可能です。

鏡で移した姿勢では、姿勢分析はできません。

ここはひと手間かけて、誰かに写真を撮ってもらいましょう。又、三脚などをつかって自分で撮っても良いです。写真をとる時は以下の事に注意します。

  • できるだけ薄着になる。シャツのすそはズボンに入れる。
  • カメラが傾かないように気をつける。
  • できるだけ自然体で撮ること。
  • 髪の毛は結んだりして、首が見えるようにする。
  • 写真の中心はお腹。できれば全身が写ったほうがよい。
  • できるだけ正確に側面から撮影する

できるだけ薄着になる。シャツのすそはズボンに入れる。

 ダボダボした洋服を着て写真をとると、体の正確なラインはわかりません。Tシャツと短パンなどできるだけ薄着で写真をとります。腰のラインを見えやすくするように、裾はズボンに入れましょう。

カメラが傾かないように気をつける。

 できるだけ水平にして写真は撮ってください。写真に傾きがあると、角度を計った時に不正確になります。壁に柱材などがあれば、それをフレームにいれて垂直の目安にすると良いと思います。

できるだけ自然体で撮ること。

 写真を撮る時は、あまり姿勢を意識しないようにしましょう。変に力が入ったり、姿勢を意識すると、普段とまったく違う姿勢になってしまいます。シャッターを押す前に、一度深く深呼吸をするのがオススメです。

髪の毛は結んだりして、首が見えるようにする。

 髪の毛のせいで、首から肩のラインが見えなくなってしまわないように注意しましょう。特に女性で髪が長い方は、髪を一括りにするか、カメラの反対方向に髪を避けておいてから写真をとりましょう。

写真の中心はお腹。できれば全身が写ったほうがよい。

写真のフレームの外側は、ゆがんで撮れてしまう事が多い為、お腹をフレームの中心にして、少し離れて写真を撮ると良いでしょう。広角レンズは使わないように。

できるだけ正確に側面から撮影する

 できるだけ正確に側面から撮影するようにして下さい。わずかでも側面からずれると背中の見え方が大きく変わります(下図参照)。

側面から体を撮影

(左)背中面が向いてしまっている (中央)腹面が向いてしまっている (右)側面から撮れている


menu_upper
書籍画像
角川SSC新書 定価798円
amazonで買う
実践的な姿勢矯正エクササイズや、自己の姿勢の簡単な分析法を、詳細な図解入りで解説
詳しい書籍紹介



menu_lowwer
カイロバーナ