サイトタイトル 姿勢インフォメーション
HOME > 悪い姿勢になる原因 > ストレスによる悪い姿勢

ストレスによる悪い姿勢

ストレス

 人間の受けるストレスには二つの種類があります。一つは、「暑い」「寒い」「疲れた」などの肉体にかかるストレス、もう一つは「悲しい」「苦しい」「つらい」などの心理的なストレスです。

 衛生環境や労働環境の改善により、現代社会では肉体的なストレスは減少しています。しかしその一方 、IT化や社会の複雑化によって心理的なストレスは増加する一方です。そして意外にも、姿勢に影響を与えやすいのは、心理的なストレスの方なのです。

 古くから心理学の分野では、心理状態により姿勢が変化するというという考え方がありました。そして実際、私の治療室においても、鬱病などの心理的なストレスに悩まされてい方ほど姿勢の悪い傾向は確かにあるのです。このように、姿勢には「心を写す鏡」という側面が少なからずあります。

 そこでここでは、心理的ストレスと姿勢との関係について少し詳しく解説しようと思います。

内向的な性格の人は猫背になる

 心理的なストレスによる姿勢の変化には、大きく分けて二つの種類があると私は考えています。その一つは猫背姿勢への変化です。

猫背姿勢模式図

 上の図の右が典型的な猫背姿勢の模式図です。猫背姿勢は、パソコンやスマートフォンに頭から接近するクセなどに代表される日常習慣が原因でなる場合が多いのですが、心理的なストレスが原因でそうなる事も少なくありません。人間は強い心理的なストレスにさらされると、あたかも雷を怖がる子供のように身を守ろうとして、無意識に頭を縮めて肩を丸めるよう反応してしまう事があります。そのような状態が長期化すると、いつのまにか猫背になってしまうというわけです。

 このような姿勢変化は、小学生高学年〜中学生ぐらいから始まる場合が多いようです。心理的なストレスにさらされやすい時期だからというだけでなく、からだが大きく成長する時期である事も関係していると考えられています※1。又、ストレスを感じやすく内に抱えてしまいやすい方、つまり感受性が高く内向的な性質である方に多いと考えられてます。

真面目で緊張しやすい性格の人は胸つき出し姿勢になる

 もう一つは「胸つき出し姿勢」の変化です。

胸突き出し姿勢

 上は典型的な胸つき出し姿勢の模式図です。胸つき出し姿勢とは、簡単に言えば胸を張ったまま固まった姿勢の事です。一見すると悪い姿勢には見えませんが、実際は猫背と変わらず大きく変形した姿勢で、肩こり・頭痛・腰痛、疲れやすさなどの身体的な症状に悩まされやすい姿勢でもあります(※詳しくはこちらで解説しています)。

 心理的なストレスによりからだが丸まり猫背になるのは感覚的にわかりやすいですが、逆に胸を張った姿勢になるのはおかしく感じるかもしれません。これは心理的ストレスに対する対処方の違いによるものです。ストレスに対して受け身で対処するのではなく、能動的に立ち向かおうとすると胸を張った姿勢になりやすいのです。

 例えば、職場や学校でトラブルが発生したとします。胸つき出し姿勢になりやすい人は、ただトラブルが過ぎ去るのだ待つような事はしません。対処に必要なスキルを身につけたり自己をコントロールしてストレスに立ち向かおうとします。とても良い事のように思えますが、その一方ストレスに過敏になりやすく、疲れやすい傾向も併せ持つようになります。

 このように胸つ出し姿勢になりやすい方は、真面目で勤勉である方に多く、つねにからだを緊張させている為、胸を張る事が習慣ととなり、いつのまにか胸つき出し姿勢になってしまう場合が多いです。


 以上、心理的なストレスと深く関係している二種類の姿勢を紹介しました。まとめると以下のようになります。

  • 心理的なストレスから見を守ろうとすると、猫背になる。
  • 心理的なストレスに立ち向かうと、胸つき出し姿勢になる。

 ちなみに私の治療室に来院される方は、以前は猫背の方が多かったのですが、最近は胸つき出し姿勢の方が急増しています。これは社会環境の変化により、自己の成長に懸命な方が増加している事が一因ではないかと私は考えてます。

ストレスによる姿勢の変形を防ぐには

 ストレス

 このような心理的なストレスによる姿勢の変形を防ぐにはどうしたらよいのでしょうか。もちろん、原因である心理的ストレスを取り除く事が出来れば一番簡単なのですが、現代社会で生きていく為には多かれ少なかれ心理的なストレスから逃れる事はできません。だとすれば、悪い姿勢にならないよう意識的に注意するしかないでしょう。

 しかし、姿勢は急に変化するわけではなく、本人も気付かないくらいゆっくり変化するものです。特に「胸つき出し姿勢」は、見た目に悪い姿勢ではない為、本人がその変化に気付く事はまれです。そしてもちろん、悪くなっている事に気付かなければ、それを注意しようもありません。

 日々のわずかな姿勢の変形に気がつく為には、基準となる「正しい姿勢」のイメージを正確に持つ事が重要になります。多くの方は「悪くなければ正しい姿勢」だと無意識に考えていますが、これでは姿勢変化に気付く感覚は育ちません。正しい姿勢のかたちを正確に知る必要があるのです。

正しい姿勢

 上図が、その正しい姿勢のかたちを示した模式図です。図だけを見ると、単純な「せすじの伸びた姿勢」に見えますが、図だけではわからない特徴もありりますので、興味のある方はこちらを読んでしっかり正しい姿勢のイメージを掴んでください。そうすれば、わずかな姿勢の変化にも気付く事ができるようになるはずです。

 又、すでに悪い姿勢になっている場合は、姿勢矯正をする必要もあります。心理的なストレスが原因だからといって特別な事は何もありません。原因が何であれ、悪い姿勢は結局「からだの問題」だからです。ですから矯正方法も通常通りですし、矯正が特に難しい事もありません。

 それだけでなく姿勢矯正には大元の「心の問題」の改善にも一定の効果があると私は考えています。心の問題はとらえどころがなく不定形ですが、姿勢には明確な「かたち」があります。姿勢を矯正して変化を明確に自覚する事で、不定形な心の問題に良い影響を与えると私は考えています。

まとめ

 最後にまとめです。

  • 心理的なストレスは姿勢に大きな影響を与えている。
  • 内向的な性格の方は猫背になりやすい。
  • 真面目で緊張しやすい性格の方は胸つき出し姿勢になりやい。
  • 正しい姿勢のイメージをしっかりと掴む事で姿勢悪化を予防できる。
  • 心理的なストレスが原因であっても、姿勢矯正は十分可能である。


補足メモ

  • ※1 からだの成長が急すぎると、頭の中にあるからだのイメージとの間にズレが生じて、実際は大きく成長しているからだを小さく丸めて頭の中のイメージにあわせようとしてしまう場合があると言われています。
menu_upper
書籍画像
角川SSC新書 定価798円
amazonで買う
実践的な姿勢矯正エクササイズや、自己の姿勢の簡単な分析法を、詳細な図解入りで解説
詳しい書籍紹介




menu_lowwer
カイロバーナ