サイトタイトル 姿勢インフォメーション
HOME > 悪い姿勢になる原因 > スマホの正しい使い方

悪い姿勢にならないスマートフォンの正しい2つの使い方

 今やスマートフォンは、姿勢を崩す最大の要因となっているのではないでしょうか。 多くの人は、毎日のように肩を丸めて食い入るようにスマートフォンを使っています。このような姿勢を日々長時間続けていれば、多くの場合、いずれ猫背になってしまうでしょう。

 もしあなたが、日々スマートフォンを使っているのならば、手遅れになる前に、スマートフォンの正しい使い方を学びましょう。ここでは、悪い姿勢にならないスマートフォンの正しい使い方を具体的に解説します。

姿勢を崩す典型的なスマートフォンの使い方

 まず、姿勢を崩す原因となる典型的なスマートフォンの使い方を図で見てみましょう。

姿勢を崩す原因となるスマートフォンの使い方

 上図が典型的なスマートフォンを使う悪い姿勢です。肩を丸めて目線を下げ、画面を覗き込むような姿勢をしています。実際ほとんどの方は、ほぼこれと同様の姿勢で無意識にスマートフォンを使っていると思われます。スマートフォンは手元にありますから目線を下げなければ画面が見えません。目線を下げる為には頭を下に向ける必要があり、どうしても肩が丸まってしまいやすいのです。このように肩が丸まった姿勢を日々続けていれば、いずれ背中は丸まった形で固まり、そのまま猫背になってしまうでしょう。

 そうならない為には、肩を丸めないでスマートフォンを見る方法を身につけるしかありません。ここでは、その方法を2つ紹介しましょう。

方法(1)スマートフォンを高く持つ

スマートフォンを目線の高さに持ち上げる

 まず一つ目の方法は、スマートフォンを顔の正面までもち上げる方法です。肩が丸まってしまうのはスマートフォンが目線より下に位置しているのが原因ですから、 目線と同じ高さまでスマートフォンを手で持ち上げてしまえばよいのです。

 とても簡単な方法ですが、腕を持ち上げ続ける必要がある為、長時間スマートフォンを使っていると肩が疲れてしまうという欠点はあります。しかし、短時間の使用でしたら簡単に出来ますのでオススメです。

方法(2)頭を後ろにひねって目線を下げる

もう一つの方法は、頭をうしろにひねって目線を下げる方法です。言葉ではわかりずらいですから、図で解説しましょう。

頭を後ろにひねって目線を下げる

 上図の左は、先ほど示した典型的なスマホ姿勢、そして右図が、これから解説する「頭を後ろにひねって目線を下げた姿勢」です。 右図を見ると、肩から背中は真っすぐのまま目線だけ下がっている事がわかると思います。このような事ができるのは、頭の動きだけで目線を下げているからです。では、どのように頭を動かせばよいのでしょうか。

首と頭の関節の模式図

 上図は、頭の骨と首の骨がどのように接合しているかを簡易的に示した図です。首の一番上の部分は皿のような凹形をしていて、その上に乗る頭の部分は凸型をしています。このように凸と凹の形が組み合う事で、頭は首の上を自由に回転するように動く事が出来るのです。

 頭の回転の中心軸は丁度耳の穴あたりにあります。上図をみながらイメージして、頭全体を耳の穴を中心にして後ろに回転させるように動かしてみましょう。すると、目線を下げられる事がわかるはずです。又、首から肩にかけて伸びるような(又は押されるような)感覚があり、姿勢が正されているようにも感じていれば完璧です。

 頭を動かすコツは、「顎を引く」のではなく、後頭部を持ち上げるように動かす事です。最初はうまくできないかもしれませんが、繰り返し練習すると、コツをつかめるようになります。

うまくできない人は、すでに悪い姿勢なのかも

 以上、悪い姿勢にならないスマートフォンの正しい使い方を2つ紹介しました。特に後者の「頭を後ろにひねって目線を下げる方法」は、 ノートパソコンの画面を確認する時などにも有効ですから、座り仕事の多い方は、是非身につけておくとよいでしょう。

 しかし、後者の「頭を後ろにひねって目線を下げる方法」を実際やってみた人の中には、うまく出来なかったという人もいるかもしれません。 例えば以下のようなケースです。

  • 頭をひねる動作がどうしてもうまく出来ない。
  • 頭をひねる事はできるが、喉が苦しくて維持できない。
  • 頭をひねる事はできるが、肩と首に力が入って維持できない。

 以上のようなケースに該当すれならば、それはすでに姿勢が悪いのか、姿勢が悪くなりかけているのかもしれません。そう言える理由を簡単に解説しましょう。下図を見てください。

頭の前方ひねり

 図左は、スマートフォンなどを使い続けている事で、背中が丸く変形してしまった状態を示しています。一度このように背中が丸く固まってしまうと、変形はこれだけにとどまりません 。何故ならこのままでは目線は下がったままで、正面を見る事ができないからです。そこで、必ず「顎を上げる」という変形がともなう事になります。図右のように、顎を上げれば背中が丸いままでも正面を見る事ができるようになるからです。

  実は、この「顎を上げる」という動きは「頭を前にひねる」動きとも言い換える事ができます。つまり、「あたまを後ろにひねる」と逆の動きです。逆の方向に固まっているわけですから、当然後ろにひねる事が出来なくなるわけです。

 しかし、うまく出来なくともあきらめる必要はありません。姿勢矯正をして動かせるようにしてあげれば良いのです。具体的には、こちらで紹介している頭の動きを回復するエクササイズを毎日行ってみて下さい。そうすれば、頭を後ろにひねれるようになるだけでなく、姿勢も少なからず矯正されるでしょう。

 スマートフォンを使用する機会は今後も増えていくでしょう。是非これを機会に、悪い姿勢にならないスマートフォンの使い方を身につけておきましょう。

まとめ

最後にまとめです。

  • 肩を丸めてスマートフォンを使い続けていれば、いずれ猫背になってしまう。
  • スマートフォンを高く持ち、目線を下げる必要をなくせば、背中は丸まらない。
  • 「頭を後ろにひねる」事で目線をさげれば、背中は丸まらない。
  • 「頭を後ろにひねる」事がうまくできない場合、すでに悪い姿勢である可能性が高い。
  • 悪い姿勢であっても、エクササイズを行えばできるようになる。うまくすれば姿勢も矯正される。

menu_upper
書籍画像
角川SSC新書 定価798円
amazonで買う
実践的な姿勢矯正エクササイズや、自己の姿勢の簡単な分析法を、詳細な図解入りで解説
詳しい書籍紹介




menu_lowwer
カイロバーナ